キャップボルトやボルトは工業製品における縁の下の力もち

工具

ねじの購入

ねじ

身近にあるものには必ずと言っても良いほどねじが使用されています。ねじの購入というとホームセンターというイメージがありましたが、最近ではネット通販でも購入できるようになっています。

Read More...

材質によって異なる

材質と表面処理によって価格が異なるボルトとナット。

ボルトとナットを多用する場合、大量に購入したほうが1個あたりの価格は圧倒的に安くなります。バラ売りだと1個50円位するM8サイズのボルトも、100個入りケースだと1個30円位になります。これが、もっと大量に買うと更に安くなります。バラ売りは便利ですが、割高なのです。 しかし、同じサイズのボルトとナットだけで間に合えばよいのですが、実際はそうはいきません。様々なサイズと長さのボルトが必要になります。ナットも通常のナットとロックナットなど色々違いがあります。 自動車1台に使われているボルトとナットだけ集めても相当な種類と数になるはずです。頻繁にボルトとナットを使用する人は、100個ケース単位で代表的なサイズを揃えておくと良いです。結果的にはお得になります。

輝きが続くのはステンレス製。

ユニクロM8サイズが50円だとすると、ステンレスM8サイズで130円位になります。約3倍の価格差です。この価格差は凄いですが、その差なりのメリットは有ります。まず、ユニクロメッキは比較的早く錆びてきます。白い点々が出てくるのです。ところが、ステンレス製は長期にわたって輝きを保ち続けます。 ユニクロで良い場所は安いユニクロ製ボルトとナットを使う。外部に露出しているような部分は高いステンレス製を使用する。このような感じで、使い分けするとボルトとナットにかかる費用を減らすことが出来ます。 耐久性と美観などを考えると全てステンレス製にした方が良いことは間違いないですが。 例えば、最近流行りの3Dプリンター1台を組み上げるだけでも相当数のボルトとナットを使用します。ですから、費用削減できる部分は削減したほうがお得なのです。また、ボルトにもキャップボルトなど種類があるので使用する際は適したものを選択する必要があるので注意しましょう。

これからどうなるのか

ナット

現代には、ボルトとナットの種類が沢山あります。それに、種類別に金額も異なりますし、入っている数なども異なるので材質なども異なるので利用するところに合わせて製品を選ぶようにしましょう。

Read More...

種類が多い理由は?

ねじ

ボルトとナットの種類は、現代には沢山あります。その中から、自分が求めているものを購入するとなればどの種類が必要なのかを知ることが大切なので選ぶ時は注意しましょう。

Read More...